So-net無料ブログ作成

ノートルダムの鐘 10/12 昼 京都 だったのに [観劇]

台風です。

前日からずっと台風情報見てたんですけど・・・。

観劇は中止することにしました。

おそらく観に行くのは可能だと思うんですけど、
帰れるかどうかがあやしいんですよね・・・。

電車は動いているけど、現在のところ運休になっていないだけで、いつ運休になるかわからないし。

雨はまあ濡れるだけなんですけど、風はあおられて大変だし、飛んできたものがぶつかっても怖いので、行くのをやめました。

京都で1泊することも考えたんですけどね。
空きがない・・・。あっても高いし・・・。
次の日に確実に電車が動いてるとも限らないし。

というわけで、中止です。
チケット、振替してもらえるかな。



観劇とは全く関係のない話。十二国記の発売日です


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

パリのアメリカ人 9/28 夜 名古屋 [観劇]

行ってきちゃいましたよ。
しかもソワレ。

どうしようか迷ったんですけどね。
スゴク良かったです。
行って正解。楽しかった。
2階席です。

最初の「I Got Rhythm」で、ホールに音楽と歌が響いていたので、やはり2階席で正解でした。
2幕の「I'll Build a Stairwey to Paradise」の期待も大きくなるというもの。

ジェリーの吉岡慈夢さん、今まで見た3人のジェリーの中で一番スレンダーなんじゃないかと思いました。
そのせいか2幕最初の、白シャツに黒のサスペンダーがとってもかっこいい。
「Fidgety feet」は注目しちゃいましたね~。
男性のスーツ姿って、3割増しだと思うんですよね。
なので、アンリが1幕の最初に登場した時のスーツも、品のいい3つ揃いだなぁと思います。

リズの近藤合歓さんも、「SONG&DANCE65」以来です。
細くて、腕も細くて、びっくりです。
ちょっと気の強そうな、それでいてかわいいリズだったと思います。

実は今日のマイロは宮田愛さんだと思い込んでいて、(なんか違う・・・?)と思いながら見てたんですよね。
キャスト表を確認したら加藤あゆ美さんという方で(そりゃ違うわ・・・)と自分の思い込み&キャスト表を確認しないうかつさを思い知りました・・・。
大変失礼いたしました。
マイロ役の方ってみんなお肌きれいですよね。特に背中。うらやましい・・・。


ひそかにツボなのが、2幕でマダム・ボーレルが「アンリとリズは婚約いたしました!」の後の、アダムの落ち込みようです。暗がりでピアノの椅子に腰かけて肩を落としているのが哀れで(笑)
ジェリーにはマイロ、アンリにはリズという感じで、ペアの女性がいるのに、アダムにはいない・・・(笑)
そのうえ、このがっかりシーン。
他のシーンでも、一人のことが多くて、なんてかわいそうなの、と思っちゃいます。
でも、アンリのほうが好きですけど。

さて、私のお楽しみ、「I'll Build a Stairwey to Paradise」ですが、前に1階席で見た時より、やはりホールに歌声が響く分、良かったです。
でも東京での大きなホールの歌声(加藤さんですが)を知っている分、やはり物足りない気がします。
あと、今更なんですけど、東京で見た時より、シーンが短くないですか? そんな気がするのは私だけかしら。
なんか、あっという間に終わって物足りない・・・。
あ~、もう1回くらい東京に観に行っておけばよかったぁ~。
次の京都劇場も大きなホールじゃないからなぁ。なんかもったいない。

バレエの美しさがわかってきた感じがして、回数を重ねるたびに楽しくなります。
ようやく周りを見る余裕も出てきて、ピアノの上(だったと思う)でクラリネット吹いてるのに、今日初めて気が付きました…。
あとピアノの上から背中から(だったと思う)ダイブして、受け止めてもらっているのを見て、すごいなと思いました。こわいよ、あれ。。それを笑顔でやるってすごい。
今度はもっとアンサンブルの演技やダンスもしっかり見られたらいいなと思います。
ちらちら見てるんですが、いろいろすごいことやってるんですよね。
けどさぁ、アンリがさぁ、いい人過ぎて注目しちゃうんだよね~。スーツ姿もいいし。

パンフを見直したら、東京で見た時のでした。なので、写真が稽古のばかりでした。
すっかり忘れてた。次に観に行ったら、パンフを買うことにします。

次の観劇は「ノートルダムの鐘」です。
チケット確認したら、1階席の前方だった! 2階席はどうする!?



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ノートルダムの鐘 9/21 昼 京都 [観劇]

さて、前回観た名古屋から、京都劇場ですよ。

京都は近いね。名古屋よりも近いね。
けど、京都劇場は狭い・・・。
トイレの数も少ない。なので、劇場に行く前に済ませておくことをお勧めします。

1階席は傾斜が結構あるので、歌を聴くのにはいいかも、と思いました。
ちょっと1階席の後方席もしくは2階席を取ってみるか・・・?


さて、飯田達郎さんのカジモドですが、「陽ざしの中へ」は良かったです。
これで2階席でもう1回見たくなりましたし。
飯田さんのカジモドボイスからイケメンボイスへの変わりようときたら!

センター近くの前方席だったもので、表情がよく見えたんですけど、あんなに顔をゆがめながら、体をゆがめながら演技するのは大変ですよね~。
そりゃ、日替わり交代するわな(そのせいかは知りませんが)

野中万寿夫さんのフロローも、佐久間仁さんのフィーバスもよかったんですが、今回は阿部よしつぐさんのクロパンがよかったです~。

声が独特なんですけど、クロパンのキャラと合っていて、舞台にいるとつい目が行っちゃうんですよね。

前回はそんなに注目キャラでもなかったし、物販のハンカチにクロパンの「C」のイニシャルが入ってるのもどうかなと思ったんですけど、見終わったあとには「うん、クロパンでOKだ」と思いました。

「ノートルダムの鐘」は、クワイヤもいて贅沢な舞台ですよね。
大きなホールで聴きたいですねぇ。

次に見るときはもっと細かいところに注目したいと思います。

来月にまた観に行く予定なので、楽しみにしよ~っと。




舞台とは関係ないどうでもいい話。

京都からの帰りに、お土産にみたらし団子とわらびもちを買ったんですよ。

店員さんが「みたらし団子は温かいので、お荷物と別にお持ちください」って言ったんだけど、わらびもちをみたらし団子と一緒の袋に入れて渡してくれたんですよ。
それは別にしないの? 言ってること矛盾してない? と思ったんですけど、そのへんどうでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

パリのアメリカ人 9/8昼 名古屋 [観劇]

行ってきました、名古屋。
台風の影響も受けずに済みました。ラッキー。

そしてね、今日のね、舞台はサイコーでした!

センターブロックのかなり前のほうだったので、俳優さんの顔がよくみえるんですよね。
なので、細かな感情表現がよくわかって感情移入しちゃいました。
アンリが一生懸命で一途で涙が出ましたよ。


今回は表情がよく見えたせいか、ジェリーの強引さも前ほど「それどうよ」とは思わなかったですね。
リズの職場でのシーンは迷惑極まりないと思いますけど(笑)

バレエについては素人なんですけれども、感情の変化とダンスの変化がよくわかって、前に見た時よりも理解できました。めっちゃよかった。

前方席のいいところは、感情がよくわかることですよね。
けど舞台上にたくさんの人がいると、目が忙しいですけど。
あっちであんなことやってる、こっちでこんなことやってると、全体を見回すのが大変です。

そしてやっと松島さんのジェリーが見られました。よかった。かっこいい。すてき。
ポロシャツから見える二の腕に萌える…。
は、おいといて。
ペアの石橋杏美さんは相変わらずのかわいらしさと美しさ。ダンスがしなやかできれい。
美しい足のラインも見せていただき、眼福でした。
バレエ公演新作披露時の黄色い衣装から印象的な黒の衣装にどうやって変えているのかがわかりました。たぶん。
あれやるの、すごく大変だと思います。うん。

マイロ役の宮田愛さんはすっごく細い! びっくりするぐらい細いウエスト! ドレスを着ている時より、キャバレーでの時の衣装(パンツスタイル)のウエストの細さにびっくりしましたよ。
あれが似合うのはうらやましい!

マダム・ボーレルの佐和由梨さん、相変わらずよく通る声でとっても素敵なお母さまでした。懐かしい。
ムッシュ・ボーレルの味方隆司さん、めっちゃお久しぶりです。私の印象では「夢から覚めた夢」の夢の配達人ですよ。古っ!


ちょっと気になったのは、リズの婚約発表があって、ショックを受けるジェリーとアダムで、哀れなのはアダム。
め~っちゃがっくりしてるのにライトも当たらない・・・。
アダムってストーリーテラー的に出番が多いんですけど、カップルになってくれる女の子がいなくてちょっとかわいそう(笑)と思いました。


そうそう、一番楽しみにしていたアンリのキャバレー(ラジオシティ)でのシーンは、前方の席はいまいちですね。
歌声がホールに響く前に聞こえてしまうので、「響き渡る朗々とした歌声」にならないんですよね。
これは仕方ないですけど。ちょっと残念。
それでも小林唯さんの歌が素晴らしいのはわかりましたよ。それだけに残念さが増しましたけど。
なので、次回の観劇はちゃんと2階席を取ってあったり。イヒヒ
芝居として見るなら前方席、歌とダンスを楽しむなら後方もしくは2階席ですかね~。

今日はお客様のノリもよくて(おばさま方が多かったからかな)、笑い声も多くて、とっても楽しい観劇になりました。
おそらくカーテンコールもいつもより多かったんじゃないかな。
おもわずスタンディング。
めっちゃ満足して帰ってきました。


あ、次といえば行けるかどうかあやしかった「ノートルダムの鐘」なんですけど、上司に休みについて確認したら、「あ、休んでいいよ~」ということだったので、今のところ観に行けそうです。
まだ仕事の状況によるところもありますけど。やった~。


そして名古屋からの帰りの楽しみといえば、これですよね。

ice.jpg
マンゴー味! ちょっとお高めの370円 名物(?)新幹線のカチコチアイスです。
バニラほど濃厚ではなく、あっさりしているのでさらっと食べられます。
スプーンが刺さらないのをひそかに一人で楽しみましたよ。
ニマニマしながら食べていたら、「京都~、京都~」とアナウンス。早いよっ!
焦らせないで~。

というわけで、名古屋はもうご近所ですね。
次の名古屋は10月です。台風が来ませんように!



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

リトルマーメイド4/20昼:大阪 [観劇]

さて、まあ、ディズニー系なので、感想はそこそこです。
ちょっと思いついたのだけ。
感想を書いたのが、当日でもなく翌日でもないのが、そこんところを表してるよね。
あ、別に面白くなかったとか、楽しくなかったのではありませんよ。



席が前過ぎた~!

今回の席は、上手側前方ブロックだったんですが、前過ぎて全体が見れなかったです(当たり前)。

俳優さんたちの細かな表情はしっかり見られたんですけども、きっと全体が見られたほうがもっと舞台の華やかさがわかるんだろうなぁと思いました。


今回もフロットサム(伊藤綾祐さん)とジェットサム(飯泉佳一さん)に注目だったんですけれども、どっちがどっちかやっぱりわからない・・・。
けれども、エリックとアリエルが小船乗っているときに、スケートボード(?)でみょ~んと現れて、感電(?)させるシーンが、間近で見られて面白かったです。

上手側に立ってたのは、フロット?ジェット?
カーテンコールのときに、ジェフ・ルイの光山優哉さんの顔を見て、「なんだこいつ?」みたいな表情が良かったです。 あははは~。


席が前の方だったので、小道具とか演出とかそっちの方が気になってしまいましたね。

サムたちの指先から線がいっぱい出てるとか(LEDライトと思われ)

アリエルがアースラと契約するとき、サム(どっちかわかんない)が差し出すペンが、魚の骨だったり。

シェフ・ルイがぶった切ってる魚で、内臓がびらびら出るのは、この後どうやってしまうのだろうかとか。

お妃を決めるコンテストでドレスのすそから見えるサテンの靴が、なんともかわいい!欲しい!
いろんな色の靴が並んで置いてあったら、かわいいだろうなぁとか。

イソギンチャクの足がセクシーだとか。

アースラの(たこ)足の動かし方が細かいとか。持つところがあるとか。

それからグリムスビーの松下武史さんの糸目がなんとも良い! 笑うと目が無い!とか。



そんなことばっかり、気にしてました(笑)

次の先行発売があれば、そのときにまた行こうかな、と思いました。
次はセンターブロックの真ん中くらいで。その席を取るのが難しいんですけどね。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇